京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

軽減税率クイズ 7

おはようございます。

週末ですね。

 

さて今日も軽減税率クイズです。

 

【質問】

老人福祉法規定の有料老人ホームの運営者が、○歳以上の入居者に対して一定基準を満たした食事の提供をする場合、軽減税率が適用されます。○に入る数値を答えてください。

 

【答え】

60

軽減税率が適用される入居者は、60歳以上の者、要介護認定・要支援認定を受けている60歳未満の者又はそれらの者の配偶者とされています。

 

 

いかがでしたか?

では、良い週末をお過ごしくださいませ♪

| - | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
祇園祭

こんにちは。

今日は、暑い!

 

祇園祭り(前祭さきまつり)のハイライト、山鉾巡行が行われました。

お祭りの創始から1150年を迎え、「動く美術館」に例えられる豪華な懸装品を飾った23期の山と鉾が都大路を進みました。

これが終わると、次は五山の送り火。

イベント続きですね。

 

どんどん暑くなりますので、水分補給をしてこの後も頑張りましょう!

 

 

| - | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽減税率クイズ 7

こんにちは。

雨ですね。

週末も雨の予報、自宅でゆっくり過ごすのもいいかもしれませんね。

 

今日も軽減税率クイズ!

 

【質問】

「ケータリング」による食事の提供は、軽減税率が適用されるでしょうか?されないでしょうか・

 

 

【答え】

適用されません。

軽減税率が適用されない「ケータリング」とは、法令上、相手方が指定した場所において行う役務を伴う飲食料品の提供とされ、加熱や味付けなどの調理、盛り付け、取り分け用の食器等を飲食の配置などのサービスで飲食料品の提供をすることとされています。

 

いかがでしたか?

では、良い連休をお過ごしくださいませ♪

| - | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽減税率クイズ6

こんにちは。

今日も暑いですね。

明日からはお天気が崩れるそうなのです。

 

さて、軽減税率クイズ。今週は飲食料品店のテイクアウトとイートインをテーマに出題しています。

 

【質問】

キッチンカー(移動販売車)による弁当・ドリンク等の販売を行い、購入した客の多くが近くの公園のベンチで、その弁当・ドリンク等の飲食をしているケース(公園との合意はありません)において、この場合の弁当・ドリンク等の販売は軽減税率が適用されるでしょうか?されないでしょうか?

 

【答え】

適用されます。

 

飲食用の設備の設置者と飲食料品の提供事業との間の合意等に基づき、その飲食用の設備を顧客に利用させることとしている場合、飲食料品を提供する事業者が設置したものでなくても、軽減税率制度でいう「飲食設備」に該当することとされています。公園のベンチで”合意等に基づき記者の顧客に利用させることとしているものではなく、だれでもベンチを利用できる場合”には軽減税率の対象になります。

 

いかがでしたか?

では、今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

| - | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽減税率クイズ5

おはようございます。

週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

地域の夏祭りを見かけたりしました。祇園祭ももうすぐですね。

 

さて、今日も軽減税率クイズです。

 

【質問】

お弁当販売のような「テイクアウト」した食品は、軽減税率が‥用されるでしょうか?されないでしょうか?

また、ハンバーガーショップのような「店内飲食」「テイクアウト」の両方の携帯で役務提供している場合、「店内飲食」について軽減税率が適用されるでしょうか?されないでしょうか?。さらに、「テイクアウト」について軽減税率がE用されるでしょうか?されないでしょうか?´↓について正しい方を選んでください。

 

 

【解答】

‥用されます。

いわゆる「テイクアウト」や「持ち帰り販売」は、テーブル・椅子等の飲食設備のある場所において、飲食料品を飲食させる役務の提供にはあたらない単なる飲食料品販売であるため、軽減税率が適用されることになっています。

 

適用されません。

E用されます。

店内飲食と持ち帰り販売の両方を行っている飲食店等においては、その飲食料品を提供する辞典で「店内飲食」(標準税率)であるのか「持ち帰り販売」(軽減税率)であるのかを、顧客に意思確認を行っていただくなどの方法により判定することとされています。

 

ややこしいですね。

テイクアウトするつもりで買って、やっぱり食べて帰ろうと気持ちが変わったらどうなるのでしょうか?

実際始まるとこういうことがありそうですよね。

 

では、今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

| - | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/172PAGES | >>