京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

マイナンバーセミナー開催!!
JUGEMテーマ:ビジネス

こんにちわ。税理士・社会保険労務士の高栖です。
ブログではまたまたご無沙汰になってしまいました。

気づけば今年も残り半分ですね。。
これから暑い季節になりますので、皆様ご自愛くださいませ。


さて、弊社では7/23(木)に「これで安心 マイナンバー制度実務対応セミナー」と題しまして、
中小企業経営者様向けのセミナーを開催致します。

詳細は下のリンク先をご参照ください。
http://www.sougyou-kyoto.com/#!sem/cl0

ご参加お待ちしております!


 
| 経 営 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
事業承継のポイント
人には寿命があります。
しかし、事業・経営はそこで止めるわけにはいかないことが多いようです。
そこで承継ということになります。
昔の高度成長の時代なら「引き継ぐ」ことでよかったのです。
現代は変化が激しく、対応が遅れるとたちまち置いていかれる時代です。
今の経営は、明日には通用しない。
次の経営を担える後継者と後継組織が必要です。

しかし、経営者がそれに気付き、決断しなければできません。
たぶん、そこが一番の問題でしょう。
自分自身を否定して、若い=頼りない者に任せる勇気?
世界でも類を見ない高度成長時代の「成功体験」(=何が来てもこわくない自信)が実は邪魔をしている。
立派な創業経営者に限って承継が遅れる。
今の時代、遅れは取り戻せない。

誰が「猫の首に鈴をつけるか」が問題です。
やっぱり私のように、経営者のそばにいる人間が勇気を出して忠告すべきなのでしょう。
それを聞いてもらえる年齢にもなったような気がします。

それでは後継者はどうあるべきか?
次回のお楽しみ
| 経 営 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
事業承継のすすめ
 今年は国の予算が付いたこともあり、あちこちで事業承継のセミナーがあります。私も何回か講師になりました。これには
団塊の世代経営者が60歳前後で、その時期を迎えている
事業承継には周到な準備期間が必要で10年程度かかる
男の生存率は60代、70代と急速に下がる
事業継続(=後継者あり)が40%程度
といったことがあり、このままでは中小企業が急速に減少するという危機感が背景にあります。

 事業承継を「経営承継」という場合もあります。確かに経営の問題です。
変化の激しいこの時代に、次代につなげる経営の見通しがある
後継者があり、経営者として適性があり、次代の組織もできる
経営権は過半数の株式を保有すること。引継計画がある
後継者以外の相続人に分与する資産がある
こんな条件が必要でしょう。

承継計画の作成や相談を当事務所でもやります。お気軽に声をかけてください。
成功の鍵は早くから取り組むことにつきます
| 経 営 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
経営革新セミナー2008終了しました!
みなさんこんにちわ。税理士の高栖です。

しばらく更新をサボっていました。。
「最近更新してないのとちゃう?」って言われることが増えています。
プレッシャーですがみなさんに見ていただいているのが実感できますので嬉しくもあります。

さて、昨日京都市北文化会館において、『TKC経営革新セミナー2008』を開催しました。
セミナー写真

大勢の経営者・幹部の皆様にご参加いただきました。
ありがとうございました。

今回は二部構成で行いました。

第一部は『上手な経営承継の進め方』というテーマで所長が講演しました。

所長 安田徹が経営承継の解説をしています

経営承継は最近のトレンドですね。あちこちで耳にされることが多くなっていると思います。
相続税の方式も大幅に改正される予定ですので要注目ですね。

第二部は『ホームページを活用しよう』というテーマで何と!この私が講師を務めました拍手

緊張気味の高栖です

正直に言いまして、顧問先の皆様の前でお話することが無かったので非常に緊張しておりました。。
前日にあれを言おう、これを言おうとか色々考えており、A4用紙に10枚分っくらいメモを作っていました。

「与えられた時間が50分やし、一枚あたり5分かー。あかんこれでは時間があまってしまうわ。」

などと考えていましたが、結局そのまま本番へ。

とりあえず思いつくまま話をしましたが、自分でも何を言っているのかよくわからんというところがありました。すいませんでした。。悲しい

私の得意分野はSEOですのでそこを中心に話を進めたかったのですが、自分が思っていた以上に時間が進むのが早く、考えていたメモの大半は話せずじまい。

次回もしチャンスがあればもう少し理路整然に話ができるようになりたいですね。

SEOに関しては個別にご相談があればいつでもお受け致します。
下手に業者に頼むよりも私でしたらもちろん無料で、というか顧問料に含まれていますのでどうぞお気軽に。

もうちょっと話したかった??

弥生会計 京都
| 経 営 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
呼び込む商品と薦める商品
(マーケティングシリーズ5)

 お客様から欲しい商品を指名してもらうのがプル戦略、店員がお客様に商品を推奨するのがプッシュ戦略。
 これは、広告宣伝により認知度を上げて市場浸透を図るのがプルで、流通段階に力点をおいて取扱い店舗数を確保するのがプッシュ戦略で、メーカーを中心とした考え方です。
 小売店においても、コンビニ、スーパー等では前者の商品が中心となりますが、対面販売を得意とする小売店では後者の商品を取扱い、個性の演出と差別化を図る手段とします。
価格競争では大手に対抗することは難しいが、こうした考え方を取入れて品揃えの幅を拡げることもできます。
 プル戦略は最寄品に適したもので、プッシュ戦略は専門品や買回り品に適しています。このようなことから、プル戦略の商品は、買いやすさ中心とした店づくりをし、プッシュ戦略の商品を取り扱う場合は、親切や満足を付加する店づくりを考えましょう。
 プッシュ戦略の商品を取扱う場合は、商品知識や販売員教育等が大切になります。取扱商品の特性を認識した販売方法をするためにも、この考え方は参考になります。
| 経 営 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちいさなナンバーワンを積み上げる
(マーケティングシリーズ4)
 市場は競争原理で成り立っていますので、いつも勝利を意識して事業展開しましょう。細分化して、その中から選択した市場では、どこにも負けない、いつもナンバーワンを目指して継続した努力をしましょう。
 ナンバーワンといっても、次のような分類で細分化して、その中でナンバーワンであること

1.ナンバーワンの商品
2.ナンバーワンの得意先
3.ナンバーワンの地域

それは独自の個性であり、これだけは負けないというモノを、どれだけ多く持つかということが、ナンバーワンにつながるものです。
 業種・業態によりその在り方は違いますが、強者(大)はナンバーワンの商品から入る
ので、弱者(小)は地域のナンバーワンを意識しましょう。
 そこで次に大切なことは「ナンバーワンチェックリスト」を作りましょう。どこの、なにが、どのように、なぜ、ナンバーワンなのか、そのナンバーワンの長所、個性を徹底的に研究し、自店でそれ以上のものができるかどうか。それに代わる長所や個性を創造できるかどうか。
 小さなことから、今日できることから、なんでもいいからナンバーワンの数を増やしましょう。

高瀬川



| 経 営 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
3Cと4Pをいつも意識して
(マーケティングシリーズ3)
 小売店の目標達成のためには、自己(Company)の商品をいかにお客様(Consumer)にアピールして、ライバル(Competiter)との競争に打ち勝つかが大切です。

Company(企業)    :自分自身、自店、自商品
Consumer(消費者)   :顧客、需要、ニーズ
Competiter(競合企業) :ライバル、他店、他商品

 この三角関係をいつも意識しながら、商品が市場にあふれているいま、いかに消費者を自店や自商品にひきつけ続けられるかがテーマとなります。

 そこで次に、マーケティングの4つの要素をどのように組み合わせて営業するか、またそれぞれの要素ごとにどのような戦術がとれるのかを検討しましょう。

Product(製品)    :商品、サービス、物、品揃え
Price(価格)     :安い、高い、値頃感
Place(場所)     :立地、商店街、ショッピングセンター、ネット
Promotion(伝達)   :広告、チラシ、POP、HP

 何を(Product)いくらで(Price)どこで(Place)どのように伝えて(Promotion)売るのか。自店の強みは何か、弱みはなにかを冷静に分析して、強さを前面に押し出し、弱みをいかにカバーをしていくのかを考え、個性あるお店づくりをしたいものです。

羊毛 フェルト


| 経 営 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
一点集中主義で勝つ
(マーケティングシリーズ2)
 ランチェスター戦略の中の一つに「一点集中主義」があります。これはイギリス人のランチェスターが飛行機の空中戦の研究から生み出した戦略の法則で、弱者の戦略として

1. 局地戦を選ぶ
2. 接近戦を展開する
3. 一騎打ち的な戦いをする
4. 戦力の分散を避け、一点集中主義をとる
5. 敵をあざむく陽動作戦をとる

をあげています。なかでも経営資源に限りのある小規模店舗においては、多くの攻撃目標から一つを選び、持てる力を集中して、短期的に効果的な成果を上げる「一点集中主義」
をとることが大切です。
この場合に、先ずたたくべき最初の目標は、射程距離内にある「すぐ下の敵」をたたいておく事が大切といっています。ついつい強い相手を意識しますが、そうしておかないと、挟み撃ちに遭い、苦戦を強いられることになるからです。
 この考え方をどのように、自店のマーケティングに取り入れて、応用して行くか、また、日々変化する市場の中で、攻撃目標を見失わず、同時に攻撃目標とされることから、どのように防御するか、そのようなことを計画的に、データや文章化してみましょう。
| 経 営 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
TKC経営革新セミナー2007開催しました!
こんにちわ。税理士の高栖です。

今日は京都市北区にある京都北文化会館にて当事務所主催のセミナーを開催しました。

当事務所所長の安田より、中小企業の経営動向についてお話させていただきました。

所長の安田が中小企業の経営動向について解説しています

また今年は、中小企業診断士の岡原先生に経営革新承認事例について大変分かりやすいご講演をいただきました
 今回お聞きしたことによって、自分自身も何か新しいアイデアを出していかないといけないという気持ちが強くなりました。
 今日ご参加いただいた皆様も同じ気持ちになられたのではないでしょうか。
 岡原先生ありがとうございました!
岡原氏による経営革新承認事例の解説です。

お忙しい中、セミナーにご出席いただきましてありがとうございました。
スタッフ一同心より御礼申し上げます。

京都市の税理士事務所

| 経 営 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
一点集中主義で勝つ
(マーケティングシリーズ2)
 ランチェスター戦略の中の一つに「一点集中主義」があります。これはイギリス人のランチェスターが飛行機の空中戦の研究から生み出した戦略の法則で、弱者の戦略として

1.局地戦を選ぶ
2.接近戦を展開する
3.一騎打ち的な戦いをする
4.戦力の分散を避け、一点集中主義をとる
5.敵をあざむく陽動作戦をとる

 をあげています。なかでも経営資源に限りのある小規模店舗においては、多くの攻撃目標から一つを選び、持てる力を集中して、短期的に効果的な成果を上げる「一点集中主義」をとることが大切です。この場合に、先ずたたくべき最初の目標は、射程距離内にある「すぐ下の敵」をたたいておく事が大切といっています。そうしておかないと、挟み撃ちに遭い、苦戦を強いられることになるからです。
 この考え方をどのように、自店のマーケティングに取り入れて、応用して行くか、また、日々変化する市場の中で、攻撃目標を見失わず、同時に攻撃目標とされることから、どのように防御するか、そのようなことを計画的に、データや文章化してみましょう。
| 経 営 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>