京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 弥生会計 クラウド | main | マイナンバー制度導入に向けて >>
ブラックバイト
 
 連日の猛暑日で、熱中症に注意してください。

 ブラックバイト

 学生であることを尊重せず、低賃金のまま、正社員のような責任を負わせ、長時間労働や厳しいノルマを課すアルバイト、と、されています。
 弁護士などでつくる「ブラック企業対策プロジェクト」は、実態調査を行い、4月末に大学生約3,600人の回答を分析して公表しました。
 *居酒屋などで、深夜に週1回以上働いたのは4割強
 *週に20時間以上働く学生は3割弱
 *希望しない勤務シフトを強いられる、など、バイト先で「不当な扱いを受けた」という学生は7割弱
 同プロジェクトは、今回の調査に、「バイトなしでは、大学生活は成り立たず、簡単にはやめられない。無理な要求も断れない。一昔前の状況とは根本的に変わっています。」と、分析しています。
 一方で、シニア世代からは、「そんなに大変ならやめればいい」と、いう反応もあり、親世代と認識のズレを指摘する声もあります。
 この背景には、経済環境の激変による労働市場の変化が大きな要因の一つに掲げられています。働く人に占める非正規労働者の割合は、2014年は37.4%に上っています。その結果として、コンビニなど一般的なサービス業は、経営戦略でアルバイトを当て込み基幹労働を担わせるようになりました。
 最近では、各地で学生労組が結成されるなど対策の動きが広がっています。

 
| 労 務 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック