京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 最低賃金 | main | 弥生 17 シリーズ >>
マイナンバーと年末調整

京都総合税理士法人の林です。

 

少々気が早いかも知れませんが、ぼちぼち『年末調整』の時期になります。

個人的に気になるのは『マイナンバー』の扱いについて!!

 

一時期は『マイナンバー』についてたくさんの報道を目にしましたが、

最近はそれほどでもないと思います。

 

それでも実務に携わっている方々からすれば、年末に向けて『マイナンバー』

を目にする機会が『年末調整』を通じて増えてきます。

 

企業によれば、従業員から『マイナンバー』の収集は完了していて準備万端

の所もあるかもしれませんが、全く何もしていない企業も少なくないはずたらーっ

 

国税庁のQ&Aでは、

『マイナンバー』の記載がない場合でも、書類を受理しないということは無い。

記載がない場合や誤りがある場合に罰則規定は税法上設けられていない。

とは書いてありますが、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務

なので正確に記載した上で提出して下さい。

とのこと。

 

基本的には、『マイナンバー』は「住所、氏名、生年月日」と同じく個人を

識別する情報なので不要になることは無いかと思います。

 

とりあえず、従業員や関係者からの『マイナンバー』の収集!!

紛失されている場合は再発行の手続!

再発行には時間がかかるかもしれないので、ひとまず番号を把握したいので

あれば「住民票(マイナンバー記載を指定)」を発行する!

 

少々気が早いかも知れませんが『マイナンバーと年末調整』について、

収集はお早めに!

| 雑 感 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1096984
トラックバック