京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< マイナンバーと年末調整 | main | 短時間労働者への社会保険の適用拡大 >>
弥生 17 シリーズ

京都総合税理士法人の林です。

 

先日、「弥生シリーズ」の最新バージョンの発売開始が発表されました!!

2016年10月21日(金)に「弥生17シリーズ」が一斉発売です。

 

弊社でも「弥生シリーズ」のうち『弥生会計』を使用しているお客様が

大半を占めますので、『弥生会計17』へ移行のご案内を進めていきます。

 

申告書作成などは税理士事務所に依頼をし、日々の会計入力を『弥生会計』

で行っている事業者の方は多いかと思います。

 

この場合、現在利用中の『弥生会計16』や『弥生会計15』については

注意が必要!!

 

ひらめき注意点ひらめき『弥生会計16』『弥生会計15』

消費税の課税事業者に限った話しですが、

・2017年(平成29年)4月1日以降の仕訳入力について、消費税率【10%】

 が適用される仕様

・消費税率【10%】への引き上げ時期は2019年(平成31年)10月に延期

 する政府方針が表明されています

 

弥生に問い合わせたところ、現時点では法案が国会で可決されていないので、

延期の対応は『弥生会計17』で行う!とのこと。

要は、消費税率【8%】の取引なのに【10%】の取引と入力されてしまします。

(おそらく取引ごとに、手動で修正はできると思いますが・・・)

 

 

最近は、保守サポートに加入されているお客様も多いですが、未加入の方も

ゼロではありません。

 

「保守サポートの案内のやり方が・・・」など、

弥生の対応については色々とご意見があり、思うところもありますが現在

出ている情報では未加入の方は『弥生会計17』を購入するしかないようです。

 

保守サポートに加入されている方は常に最新版の提供があるので、

『弥生会計17』への移行をお忘れなく!

| 雑 感 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1096985
トラックバック