京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 外国人労働者の数 | main | 新年度スタートです! >>
助成金の不正受給

 確定申告が終了しました。

 

 「助成金の不正受給」

 

 厚生労働省から、助成金の不正受給に関する調査結果が発表されています。この中で、「雇用調整助成金」に関しては、企業が2013~2015年度の3年間で合計約54億円を不正に受給していたことが判明しました。

 この助成金は、雇用の安定のために支給されるもので、本来の目的は、業績が悪化した企業がその雇用する従業員を休業させた場合の休業手当などを補助するために支給されるもので、解雇を防止するためです。

 ところが実際には、従業員を労働させていたにもかかわらず、休業したと虚偽の申請をするケースが多いようです。

 厚生労働省によると、申請件数は3年間で21万6,762件で、このうち、不正受給の申請は379件ありました。不正が発覚した場合には、その企業に返還を求める制度となっていますが、約40%に当たる合計約23億円が返還されていないということです。

 助成金の不正については、同省は定期的に集計していますが、未返還額の全体を調査したのは、初めてです。

 同省としては、その原因を分析し、不正防止や返還請求の態勢強化につなげる方針です。

 

| 労 務 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1096993
トラックバック