京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 不当解雇の金銭解決制度 | main | 平成29年度の助成金 >>
無期転換ルール

 梅雨に入りましたが。

 

 「無期転換ルール」

 

 「無期転換ルール」について、来年4月からの適用が始まります。

 この制度は、2013年4月施行の改正労働契約法に盛り込まれていたもので、非正規労働者が同じ雇用主との契約を繰り返し更新し、通算5年を超えて6年目に入った段階で、雇用期間の定めのない無期契約を申し込む権利を獲得するというものです。

 非正規労働者の無期転換ルールの認知度を調査した結果では、「知らない」と回答した割合が50%以上となっており、企業側も雇用している非正規労働者への周知・説明を「すでにした」と回答したのは、50%以下で、当事者に十分に浸透していない状況のようです。その調査した会社によると、無期雇用を希望するパート、アルバイト、契約社員などの非正規労働者の約80%が、現状より良い労働条件や待遇を期待していますが、このルールでは、無期雇用になった後の待遇改善までは求められておらず、その対応は各企業に委ねられています。

 企業としては、ルールを社内で周知し、十分に説明することで、労働者とトラブルにならないようにすることが大切で、その上で、社内手続を整備しておく必要があると考えられます。

 

| 労 務 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1096998
トラックバック