京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 北海道地震 | main | 祝 大坂なおみ選手  >>
コンビニで買った物の勘定科目は?

おはようございます。

京都は朝から小雨が降っています。

 

さて、今日は「仕事関係でコンビニを利用した場合、勘定科目をどうしたらいいのか?」のお話。

 

例えば、

・残業夜食用のおにぎり、お菓子、お茶、コーヒー等を買った場合 → 福利厚生費(費用)になります。

・新聞・雑誌 → 雑費(費用)

※日常的に発生する場合は「新聞図書費」を設定するのもいいでしょう。

・電池、のし袋などの雑費 → 消耗品(費用)

・預金引出時間外手数料 → 支払手数料(費用)

・電話料金 → 通信費(費用)

・電気料金 → 水道光熱費(費用)

 

参考になりましたでしょうか?

 

週末です。

良い休日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

| - | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1097032
トラックバック