京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< ことわざシリーズ5 | main | 旬の無花果 >>
中秋の名月

おはようございます。

 

だいぶ過ごしやすい季節になってきましたね。

ふと今年の中秋の名月っていつだろう?と思いまして、調べました。

 

2018年は9月24日だそうです。

これは旧暦の8月15日にあたります。

旧暦とは太陰太陽れきのことをさしていて、太陽と月の満ち欠けから日付が決まっていました。月が地球の周りを一巡するのに29.53日なので、12か月で354日、今より11日短くなります。

なので、毎年かなりずれてしまうのですね。

 

なぜお月見をするのか...

初秋は台風や秋雨の日が続きますが、中秋には大陸の乾燥して冷たい空気が流れ込むため、秋晴れに恵まれ大気の澄んだ季節となり月がとても美しく見えます。そこで、上流社会で観月の宴を催し、風雅に月をめでていましたが、のちに作物の収穫祭と結びつき、人々は豊かな実りの象徴として十五夜を鑑賞し、お供えものをして感謝や祈りを捧げるようになったそうです。

 

今年の十五夜もきれいに見えるといいですね。

 

| - | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1097037
トラックバック