京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< ことわざシリーズ6 | main | 軽減税率セミナー開催 >>
119番の日

おはようございます。

珍しく不安定なお天気になりましたね。

突然降ったり、晴れ間がのぞいたり・・・

 

さて今日は何の日?

「119番の日」だそうです。

当時の自治省(現:総務省)消防庁が1987年(昭和62年)に制定しました。

日付は消防機関に提供される緊急通報用電話番号「119番」にちなんで、記念日は消防庁が消防発足40年を記念したものです。一般の人に防火・防災の意識を高めてもらうことが目的で、この日から1週間は「秋の全国火災予防運動」が行われます。当日は、防火意識の喚起とともに、適正かつ迅速・的確な「119番」通報を呼びかける啓発活動が行われているます。

119番である理由

火災報知の電話サービスが、1926年(大正15年)に導入された時の番号は「112番」でした。当時はダイヤル式の黒電話で、一刻を争う緊急のためにダイヤルを回す時間の短い番号として指定されたそうです。しかし、意外とかけ間違いが多かったそう。

そこで、翌年の1927年(昭和2年)にかけ間違い防止と最後にダイヤルを回す時間が長い「9」を回すことで落ち着いて話ができるためという理由で現在の「119番」になったと言われています。また、「119番」は誰でも覚えやすい番号でもあるり警察への緊急通報の「110番」も同様の理由とされているそうです。

 

「119」「110」どっちがどっち?と思ってしまうこともありますが、今日のお話を思い出して、しっかり記憶し直してみるのもいいかもしれません。

 

では、良い週末をお過ごしくださいませ♪

 

 

| - | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1097074
トラックバック