京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 確定申告が始まります! | main | 建国記念の日 >>
確定申告が必要な人とは

おはようございます。

このところ、寒さが緩んできましたね。

木々にも堅いつぼみがつき始め、春が近い気がします。

 

さて、18日からスタートする確定申告ですが、そもその必要な人とは・・・。

・事業所得があった人(個人事業主)

・配当所得があった人

・不動産所得があった人

・退職所得があった人

・譲渡所得があった人

・山林所得があった人

・一時所得があった人

・雑所得があった人(年金、事業的規模でない副業による所得などがある場合)

※・給与所得があった人(サラリーマンでも確定申告が必要な場合があります)

 

本来であれば所得税の納税は確定申告によって行うものですが、年末調整を行うことで納税の精算が済んでいるため、会社員は確定申告が免除されています。ただし、条件によっては会社員でも確定申告をしなければなりません。

・給与収入が2,000万円を超えている場合

・2か所以上の会社から給与をうけとっている場合

・配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合

・医療費控除、雑損控除などをうける場合

・住宅ローン控除を初めてうける場合(2年目以降は年末調整で行う)

・その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合

・ふるさと納税の納付先自治体が6か所以上の場合

 

あなたは、該当されていますか?

早めに準備しておきましょう。

 

では、今日も良い一日をお過ごしください♪

 

| - | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1097103
トラックバック