京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ4 | main | 軽減税率クイズ6 >>
軽減税率クイズ5

おはようございます。

週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

地域の夏祭りを見かけたりしました。祇園祭ももうすぐですね。

 

さて、今日も軽減税率クイズです。

 

【質問】

お弁当販売のような「テイクアウト」した食品は、軽減税率が‥用されるでしょうか?されないでしょうか?

また、ハンバーガーショップのような「店内飲食」「テイクアウト」の両方の携帯で役務提供している場合、「店内飲食」について軽減税率が適用されるでしょうか?されないでしょうか?。さらに、「テイクアウト」について軽減税率がE用されるでしょうか?されないでしょうか?´↓について正しい方を選んでください。

 

 

【解答】

‥用されます。

いわゆる「テイクアウト」や「持ち帰り販売」は、テーブル・椅子等の飲食設備のある場所において、飲食料品を飲食させる役務の提供にはあたらない単なる飲食料品販売であるため、軽減税率が適用されることになっています。

 

適用されません。

E用されます。

店内飲食と持ち帰り販売の両方を行っている飲食店等においては、その飲食料品を提供する辞典で「店内飲食」(標準税率)であるのか「持ち帰り販売」(軽減税率)であるのかを、顧客に意思確認を行っていただくなどの方法により判定することとされています。

 

ややこしいですね。

テイクアウトするつもりで買って、やっぱり食べて帰ろうと気持ちが変わったらどうなるのでしょうか?

実際始まるとこういうことがありそうですよね。

 

では、今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

| - | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1097143
トラックバック