京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ5 | main | 軽減税率クイズ 7 >>
軽減税率クイズ6

こんにちは。

今日も暑いですね。

明日からはお天気が崩れるそうなのです。

 

さて、軽減税率クイズ。今週は飲食料品店のテイクアウトとイートインをテーマに出題しています。

 

【質問】

キッチンカー(移動販売車)による弁当・ドリンク等の販売を行い、購入した客の多くが近くの公園のベンチで、その弁当・ドリンク等の飲食をしているケース(公園との合意はありません)において、この場合の弁当・ドリンク等の販売は軽減税率が適用されるでしょうか?されないでしょうか?

 

【答え】

適用されます。

 

飲食用の設備の設置者と飲食料品の提供事業との間の合意等に基づき、その飲食用の設備を顧客に利用させることとしている場合、飲食料品を提供する事業者が設置したものでなくても、軽減税率制度でいう「飲食設備」に該当することとされています。公園のベンチで”合意等に基づき記者の顧客に利用させることとしているものではなく、だれでもベンチを利用できる場合”には軽減税率の対象になります。

 

いかがでしたか?

では、今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

| - | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuda-t.info/trackback/1097144
トラックバック