京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 13 | main | 軽減税率クイズ 15 >>
軽減税率クイズ 14

こんにちは。

今日も軽減税率クイズをお届けします。

お水、氷、ビールについてです。

 

【質問】

.潺優薀襯Εーターなどのペットボトルでの飲料用の水の販売は軽減税率制度の(対象・対象外)です。

 

⊃綟賛紊老攜裟芭╂度の(対象・対象外)です。

※,離撻奪肇椒肇襪念料用として販売するものを除きます。)

 

H稜簍僂良垢蓮軽減税率制度の(対象・対象外・用途によっては対象)です。

 

ぅ咫璽觀攜裟芭╂度の(対象・対象外)です。

 

 

【答え】

‖仂

軽減税率制度の対象品目である「飲食料品」は、食品表示法規定の食品とされています。

ミネラルウォーターなどの飲料水は「食品」に該当します。

 

対象外

水道水は炊事や飲用のための「食品」用と、風呂、洗濯といった飲食用以外の生活用水として供給されるものとが混然一体となって提供されています。そのためペットボトル等で飲用として販売するもの以外は軽減税率の対象外となります。

 

M囘咾砲茲辰討和仂

かき氷に用いられている氷や飲料に入れて使用される氷などの食用氷は「食品」として軽減税率制度の対象となり、ドライアイスや保冷用の氷は、人の飲用又は食用に供されるものではなく「食品」に該当しないため。軽減税率の対象外です。

 

ぢ仂欒

ビールなど酒税法に規定する種類は、軽減税率の対象の「飲食料品」から除かれているため、軽減税率の対象外です。

 

いかがでしたか?

では、今日も暑さに負けず頑張りましょう!

| - | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック