京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 14 | main | 軽減税率クイズ 16 >>
軽減税率クイズ 15

おはようございます!

急に雨が降ってきました。

今日も不安定なお天気が続きますので、お気をつけて。

 

軽減税率クイズ、お酒についてです。

【質問】

,酒は消費税軽減税率制度の軽減税率の(対象・対象外)です。

⇔鼠に使用される、本みりん(アルコール度数14程度)は、軽減税率の(対象・対象外)です。

N鼠に使用される、みりん風調味料(アルコール度数1度未満)は、軽減税率の(対象・対象外)です。

ぐ貳姪なノンアルコールビール(アルコール度数1度未満)は、軽減税率の(対象・対象外)です。

テ本酒を作るために購入した原材料となるお米は、軽減税率の(対象・対象外)です。

 

【答え】

‖仂欒

軽減税率の対象「飲食料品」から、酒税法に規定する種類は除かれています。

 

対象外

酒税法既定の種類とは、アルコール度数が1度以上の飲料のことを指します。そのため、アルコール度数が14度程度の一般的な本みりんは酒税法上の酒類に該当するため、軽減税率の対象外となります。

 

B仂

アルコール度数が1度未満の「みりん風調味料」は、酒税の対象外であるため、軽減税率制度の「飲食料品」として軽減税率の対象となります。

 

ぢ仂

酒類に該当しないノンアルコールビールは軽減税率の適用対象である「飲食料品」に該当します。

 

ヂ仂

日本酒を製造するための原材料の米は、酒類でなく、人の飲用又は食用に供されるものであることから、軽減税率の対象となるとされています。

 

いかがでしたか?

では、良い週末をお過ごしくださいませ♪

| - | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック