京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 15 | main | 軽減税率クイズ 17 >>
軽減税率クイズ 16

こんにちは。

朝夕過ごしやすくなってきましたね。

昨日は、虫の声がしました。

 

今日も軽減税率クイズをお届けします。

「添加物」について。

 

【質問】

[鼠等に使用する添加物は、軽減税率の(対象・対象外)です。

 

⊃品添加物の金箔は軽減税率の(対象・対象外)です。

 

食品添加物について、取引先(仕入側)が化粧品の原材料とする場合、この食品添加物は軽減税率の(対象・対象外)です。

 

ち攤敕の「食品」の原材料として使用するワイン「アルコール度数10程度)は軽減税率の(対象・対象外)です。

 

 

【答え】

‖仂

食品の製造・加工等の過程において添架される食品衛生法上の「添架物」は「食品」に該当するため、その販売は軽減税率の適用対象となることとされています。

 

対象

食品衛生法に規定する添加物として販売される金箔は「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります。

 

B仂

食品衛生法に規定する「添加物」として販売されるものは、「食品」に該当することから、取引先が化粧品の原材料とする場合であっても「添加物」を「食品」して販売する場合には、軽減税率の適用対象になるものと取り扱われます。

 

ぢ仂欒

「食品」の原材料となるワインなどであっても、酒税法に規定する種類は軽減税率の適用対象である「飲食料品」に該当しないため、軽減税率の適用対象にはならないものと取り扱われます。

 

いかがでしたか?

今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

 

 

| - | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック