京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 20 | main | 軽減税率クイズ 22 >>
軽減税率クイズ 21

こんにちは。

夏が戻ってきたような京都です。

関東は台風の影響で、現在も共交通機関に遅れがあるそうです。

帰宅時間までには通常通り動いて欲しいものですね。

 

今週も軽減税率クイズです。

 

【質問】

‥監傘悗稜篥垢波稜笋気譴討い詼萋発行の一般紙の新聞は、軽減税率の(対象・対象外)です。

 

定期購読契約の毎日発行のスポーツ新聞は、軽減税率の(対象・対象外)です。

 

K萋発行する新聞の電子版は、軽減税率の(対象・対象外)です。

 

 

【答え】
‖仂欒

 

対象

軽減税率のの適用対象となる「新聞」には、定期購読契約が締結された、週2回以上発行される、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載するものが該当します。いわゆるスポーツ新聞や業界紙、日本語以外の新聞等についても週2回以上の新聞で、定期購読契約に基づくものであれば軽減税率の対象とされます。

 

B仂欒

軽減税率の対象となるのは「新聞の譲渡」とされています。

一方、新聞の電子版は、電気通信回線を介して行われる役務の提供である「電気通信利用役務の提供」であって「新聞の譲渡」に該当しないため、軽減税率の対象となりません。

 

いかがでしたか?

今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

 

| - | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック