京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 22 | main | 軽減税率クイズ 24 >>
軽減税率クイズ 23

こんにちは。

第4次阿部再改造内閣が本格始動しましたね。

初入閣が最多の13名、個人的には小泉進次郎さんの今後に期待大です。

 

では、今日も軽減税率クイズです!

 

【質問】

区分記載請求書等保存方式では、軽減税率の対象品目の取引を行う場合「軽減税率の対象品目である旨」を「請求書等」に記載しなければなりませんが、そのほか区分記載請求書等の記載事項となっているものを全て選んでください。

ア.請求書発行者の氏名・名称

イ.取引年月日

ウ.税率ごとの合計した税込対価の額

エ.税率ごとの消費税額

 

【答え】

ア.イ.ウ

税率ごとの消費税額はインボイス制度では記載が必要ですが、区分記載請求書等保存方式では法令上の記載項目とされていません。

現行の記載要件を含めると、区分記載請求書等保存方式では以下の記載が必要となります。

\禅畚馮行者の氏名・名称

⊆莪年月日

取引内容

ぢ于舛粒

ダ禅畚饉領者の氏名・名称

Ψ攜裟芭┐梁仂殄別椶任△觧

Ю芭┐瓦箸帽膩廚靴神嚢対価の額

 

いかがでしたか?

今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

| - | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック