京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 23 | main | 軽減税率クイズ 25 >>
軽減税率クイズ 24

おはようございます。

週末ですね。しかも連休!

9月は2回もありますね。

楽しみです♪

 

軽減税率クイズ

【質問】

軽減税率の対象品目が含まれる取引を行う場合、区分記載請求書等の記載項目「軽減税率の対象品である旨」の要件は、軽減税率の対象品目が含まれる取引と含まれない取引で区別して請求書を発行することでも 頁Г瓩蕕譴泙后ηГ瓩蕕譴泙擦鵝棒気靴なを選んでください(その他の記載事項は全て満たしているものとします。)

 

また、区分記載請求書等保存方式において、免税事業者から仕入れる場合でも、仕入税額控除は◆陛用できます・適用できません)正しい方を選んでください。

 

【答え】

’Г瓩蕕譴泙

「軽減税率の対象品目である旨」の記載では、以下のような示し方でも認められるとされています。

・請求書において、軽減税率の対象となる商品に「※」「☆」といった記号・番号等を表示し、かつ、これらの記号・番号等が「軽減対象資産の譲渡等である旨」を別途「※(☆)は軽減対象」などと表示し、明らかにしている場合

・同一の請求書において、軽減税率の対象となる商品とそれ以外の商品とを区分し、軽減税率の対象となる商品として区分されたものについて、その全体が軽減税率の対象であることが表示されている場合

 

 

適用できます

 

いかがでしたか?

では、良い連休ををお過ごしくださいませ♪

| - | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック