京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 軽減税率クイズ 26 | main | 軽減税率クイズ 28 >>
軽減税率クイズ 27

おはようございます。

週末! 連休ですね!!

お出かけの予定はお決まりでしょうか?

晴れますように。

 

軽減税率クイズです。

お休み前ですので、軽く1問♪

 

【質問】

区分記載請求書等保存方式では、軽減税率の対象品目の取引を行う場合、帳簿には「軽減税率対象商品である旨」を記載しなければなりません。次の中で、区分記載請求書等保存方式における、帳簿の記載事項でないものを全て選んでください。

ア.請求書発行者の氏名・名称

イ.取引年月日

ウ.税率ごとに合計した税込対価の額

 

 

【答え】

区分記載請求書等保存方式の請求書等には、税率ごとの合計した税込対価の額の記載は必要ですが、帳簿では必要とされていません。法令上求められている区分記載請求書等保存方式における帳簿の記載事項は次のとおりです。

_歙濃兎れの相手方の氏名又は名称

⊆莪年月日

取引の内容

ぢ于舛粒曄弊嚢)

シ攜裟芭┐梁仂殄別椶任△觧

 

いかがでしたか?

良い連休をお過ごしくださいませ♪

 

| - | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック