京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 持続化給付金について(速報) | main | EXPO2025 >>
最近読んだ本は、

みなさん こんにちは。

京都総合税理士法人の中原です。

 

5月25日に全国的に緊急事態宣言が終了して一週間が経ちましたね。

弊社は引き続き、時差出勤・在宅ワークを取り組んでおります。

営業時間  平日 9:30〜17:30(昼休憩 12:30〜13:30)

 

さて、今日は思いきり私事で、最近読んで面白かった本の紹介です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『日本人とインド人』ーー世界市場「最後の成長エンジン」の真実

グルチャラン・ダス、野地秩嘉

2020年5月1日発行

 

【内容紹介】

インドを理解する最高の教科書。

グルチャラン・ダス。インドの作家、戯曲家、歴史家、哲学者、教育者でありハーバード大卒のビジネスマン。

「インドの福沢諭吉」と呼ばれる氏が今後のインド人との働き方、稼ぎ方、付き合い方を明かす。

 

1983年にインドに進出したスズキ。現在のシェアは50%となり、インド国民13.5億人の乗るクルマの半分はスズキ車になっている。その「インドシフト」で独走するスズキの“カリスマ”も納得のインド入門書の内容とは?

【目次抜粋】

巻頭解説 インド人の心は変わらない 鈴木修

第一章 私にとってのインド

第二章 インドはこんな国

第三章 インドの経済改革

第四章 カーストの意味と役割

第五章 日本人とインド人

第六章 インドで成功する日本企業

第七章 インドの日本人ビジネスマン

第八章 これからの日本とインド

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

インド=カレーのイメージしかなかったのですが、たまたまkindleのオススメに表示されていて、今年のGWはインドに行ってみようと思っていたのもあり(結局コロナで願いは叶わず・・・)ポチっと購入しました。

 

インドでは2017年以降にデジタル革命があり、アドハーシステムという日本のマイナンバーのようなシステムが一般化されたそうです。今ではほぼ全員が、顔写真・両手すべての指紋・両眼の虹彩の情報が登録されているそうです。

もともと出生証明書のない方が半数以上いたそうなので、すごい進化ですよね。

 

また、それぞれの州政府が強く独立した権限を持っているため州ごとに消費税率などが違ったそうですが、2017年に税率が全国統一され5段階の軽減税率になりました。

 

今、まさに成長を続けているインドですが、インフラ関係にはまだまだ問題が多そうです。

電力は余っているのに停電などが起こるのは、配電政策を各州がコントロールしている為に不公正が行われやすいようです。

ただ、モディ首相が2019年から5年間でインフラ投資を進める予定とのことなので、これから大きく変わる可能性もあり、数年後には快適なIT大国インドが誕生するかもしれませんね。

 

今はバッタの大群が心配ですが、また世界を行き来できる日が来れば最新のインドを実際に見てみたいと改めて思いました。

 

早くコロナが終息しますように。

世界の平和を願います。

 

それでは、今日はこのへんで(^^)/

 

| - | 18:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする