京都市の税理士事務所です。京都の経験豊かな会計事務所があなたの開業支援を行います。

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
過去の記事
カテゴリー
フリーダイヤル0120-060358 受付9-17時(平日)

<< 菅内閣誕生 | main |
2020年 年末調整が変わります!

みなさん こんにちは♪

京都総合税理士法人の中原です。

 

今年、年末調整が大きく変わりますね。

控除額や申告書の種類も変わりますが、今回のブログでは電子化について書いてみようと思います。

 

今年、国税庁から無料の年調ソフトが提供され、控除証明書の電子データ化が始まりました。

今まで通り紙に記入する方法も選択できますが、電子データや年調ソフトを使って申告書を作成できるようになり、皆様にとって大変便利になるのではと期待しております。

 

京都総合税理士法人では、以前より私達従業員の年末調整の申告書をオンライン上で作成しており、従業員の立場として大変便利に感じています。

今年からは控除証明書も電子データになるとのことで益々スマートに年末調整ができると楽しみにしています。

 

それではまず、年末調整の電子化を行った場合の会社と従業員のメリットを確認してみましょう。

【会社のメリット】

・年末調整の申告書を紙で保管する必要がなくなります。

・年調ソフトと給与システムが連携できれば、給与システムへ入力する必要がなくなります。

・控除額が自動計算になるため、計算のチェックが不要になります。

・従業員の記載誤りが減少し、確認に要する時間の減少が期待できます。

 

【従業員のメリット】

・申告書に手書きをする必要がなくなります。

・書類への押印が不要になります。

・控除額の計算が不要になります。

・翌年以降、前年のデータを利用することにより一部の入力を省略できます。

 

いかがですか?

記入の手間がなくなり、控除額が自動計算され、確認の時間が大幅に短縮できるようになるのであればとても便利ですね。

 

それでは、実際にどのような準備をすればいいかを確認してみましょう。

【会社の準備】

・年調ソフトと給与システムとの連携の確認

・年調ソフトのダウンロード

・従業員への周知

・税務署へ「電磁的方法による提供の承認申請書」を提出

 

【従業員の準備】

・会社から指示を受けた年調ソフトのダウンロード

・控除証明書データの取得(マイナポータルを利用の場合はマイナンバーカードとカードリーダーアプリなどの用意)

 

いかがですか?

まだ電子データ化に対応できていない控除証明書等もありますので紙の控除証明書を年調ソフトに入力するなど、一部電子化から始めてみるのも良さそうですね。

 

詳しくは下記URLを参考になさって下さい。

▼国税庁ホームページ

年末調整手続きの電子化及び年調ソフト等に関するFAQ

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/pdf/nencho_faq.pdf

 

 

それでは今日はここまでです(^^)/

| - | 09:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする